新しいお墓のスタイル!ガーデニング霊園とは?

「ガーデニング霊園」を知ろう!

「ガーデニング霊園」とは、お墓の周囲に色とりどりのお花や植物が植えられている墓地のことです。イメージとしては西洋の広いお庭に、お墓が並んでいる景色を想像すると分かりやすいと思います。

一般的な「ガーデニング霊園」の造りは、歩道がレンガや石畳によって整備されていて、道の横に季節のお花が植えられています。霊園によっては歩道が芝生で覆われていたり、ベンチや椅子が設置され公園のような空間の霊園もあるため、一口に「ガーデニング霊園」と言ってもそれぞれ違った個性があります。

誕生してから間もないため様式も確立されておらず、新しい墓地の形として様々な広がりを見せています。

ガーデニング霊園のお墓選び

ガーデニング霊園では、霊園の景観によって選べる墓石が変わってきます。そのため、墓石を購入する前に、お墓の場所を抑えておく必要があります。

しかし、他の霊園と違って整備が大変そうなので、1区画当たりの料金が高いと誤解されている方もいると思います。でも実際は、そんなに高くはありません。ほとんどの「ガーデニング霊園」では、最も安い区画が約30~50万円となっていて手の出しやすい値段となっています。

ガーデニング霊園での墓参りは大変!?

霊園や購入している区画によって違いますが、自分で草花やお花、芝生を植えることもできるため、お墓参りの際はその手入れが必要なこともあります。ただし、一般的には親族で手入れする必要はなく、管理してくれる専用のガーデニングスタッフがいるため、お墓やその周辺の掃除の手間が省ける事が多いです。

いせやは吉祥寺に3店舗ある、元は精肉屋の創業80余年の歴史のある焼き鳥店です。地元の人にも観光客にも人気の名店です。