安心できる!?墓じまいのメリットとデメリット

お墓の心配ごとをなくすことができる

墓じまいをすることのメリットが、お墓があることで発生する心配ごとをなくすことができることです。承継者がいない人は、自分がいなくなれば誰が先祖代々のお墓を管理するのかという不安があるでしょう。墓じまいをして、先祖の遺骨を永代供養をすれば、承継者がいなくても無縁墓にする心配もなくなり安心できるでしょう。また、お墓の管理費に負担を感じている人もいるのではないでしょうか。お寺の檀家では、年会費を払ったり、お寺の改修などでは寄付を求められることがあるでしょう。そんな負担を減らしたい、子供にはそんな負担をかけさせたくない人にも墓じまいは最適です。

墓じまいにもデメリットがある

墓じまいをすることで色々なメリットはあるのですが、墓じまいによってトラブルとなることもあります。お墓をどうするのかは承継者に決定権があるのですが、自分が管理が難しいと勝手に墓じまいをすることで、親族間のトラブルとなることがあります。お墓の継ぐことは、自分の子供だけでなくても親族でも可能です。親族の中には、お墓を自分で建てるよりも、先祖代々のお墓を継ぎたいと思う人もいるかもしれません。自分が管理が難しく墓じまいをするときには、しっかりと親族間と話し合いをしてから行う必要があるでしょう。また、管理費を抑えるために離檀しようとしても、多額の離檀料を請求されることもあります。墓じまいをするときには、メリットだけでなく、デメリットのこともよく考えてする必要があるでしょう。

墓じまいの費用は、実際にお墓を撤去する費用の他に、魂抜きの儀式のお布施や、檀家を抜けるときに納める離檀料なども必要になります。