有名人の付き人とはいったいなに?どうしたらなれるの?

有名人の世話を行い、実質的に弟子といえる存在

有名人は「付き人」と呼ばれる人間を雇っていることがあります。車で自宅からスタジオまで送迎したり、あるいは控え室でお茶を入れたり、マッサージをしたりと、身の回りの世話をする役割を担っています。では、付き人になる人というのは、具体的にどういった人なのでしょうか。芸人や俳優の付き人になる人は、将来的に自分が付いている有名人と同じジャンルで活躍したいと思っていることが多いです。実際、お笑い芸人の付き人が、その後、有名なコメディアンになったり、有名俳優の付き人だった若者が、その後、役者として活躍するようになるというケースは珍しくありません。そういった点において、有名人の付き人というのは「弟子」と同じような存在といえるでしょう。

有名人本人に直接頼んで付き人になる

では、有名人の付き人になるためにはどうすればいいのでしょうか。これはどういったジャンルの有名人に付きたいのかということで変わってきますが、お笑い芸人であれば、テレビ局やラジオ局から出てくるところを出待ちして、本人に直接頼むということが多いです。ただ、頼めば必ず付き人にしてくれるのかというと、そうとは限りません。既にかなりの人数の弟子がいて、これ以上は無理と断られたり、そもそも付き人を雇わない主義の人もいるからです。ですが、何度も断られた挙げ句、最終的に付き人にしてもらったというケースもわりとあるので、断られても諦めず、何度も頼んでみるというのが有名人の付き人になる、一つの秘訣といえるでしょう。

山本英俊氏は、パチンコ・パチスロ機器の卸販売を行う会社の代表取締役会長で、競走馬の馬主としても有名です。所有している競走馬の獲得賞金から多額の寄付を行っている事でも知られています。