現代技術に必要不可欠!?リバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーって何?

あまり聞きなれないものですが、現代技術を高度に保つために必要不可欠なものとしてリバブレーションチャンバーというものがあります。リバブレーションチャンバーとは、反射反響室とも呼ばれ、電磁波環境試験室として使用されるものです。高いレベルの電磁界を発生させることにより、再現性が非常に高く、効率の良い研究や動作確認をするために使用されます。

いったい何がメリット?

リバブレーションチャンバーは、電磁波環境試験室として利用され、さまざまな研究に使用されていますが、ほかの実験室と違って何がメリットか良くわからないという人もいます。リバブレーションチャンバーでは、高い電磁界を発生させますが、そうすると音による影響を受けることのない研究結果や動作確認をすることができるという点が、最大のメリットといえます。

リバブレーションチャンバーの仕組み

リバブレーションチャンバーは、どのようにして音の影響が出ない環境を作り出すことができるのでしょうか。リバブレーションチャンバーでは、内部で放射されている電界フィールドを、内部に設置されている送信アンテナからRF出力をして、シールドルーム表面反射と機械式の攪拌機の操作によって内装表面を反射させます。そのことにより、等方向の均質な電界フィールドを造りだします。

具体的には何に利用するのか

具体的にリバブレーションチャンバーを何に使用するのかというと、アンテナの評価として使用することができます。スマートフォンなどのモバイル端末のアンテナ受信感度を測定して、アンテナの良し悪しの評価を下すことができます。また、ノイズ対策の効果を測定することもできます。つまり現代技術を保つために必要不可欠です。

リバブレーションチャンバーとはノイズを抑える反射反響室のことで、モバイル端末のアンテナ受信感度などを計測するために使用されます。